スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書棚付きキャビネット作り(3)-完成

前回は下段の骨組み作成まででした。3週間経って、やっと完成しました!

2007_1231diy0046.jpg 2007_1231diy0045.jpg


2007_1231diy0052.jpg 2007_1231diy0051.jpg


幅約80cm、高さ約2m、奥行約40cmのサイズです。

最上部のモールディングもテーブルソーを使って削って作ったものです。

2007_1231diy0048.jpg 2007_1231diy0064.jpg

2007_1231diy0059.jpg 2007_1231diy0060.jpg


引出しと扉の取っ手は、300㎜×25㎜×25㎜の部材をルーターテーブルで削った後に、4等分に切断し、角を丸く削って作りました。

海外DIY本に作成例が載っていたため試しに作って見ましたが、結構いい感じに出来上がっています。

2007_1231diy0065.jpg 2007_1231diy0066.jpg


書棚部分の棚板は左右の横板にドリルで穴を開け、ダボを差し込んで支えています。

書棚の足回り部分もモールディングを回してあります。

2007_1231diy0067.jpg 2007_1231diy0068.jpg


設計~完成まで1ヶ月強、日によって作業時間の長短はありますが延べ11日間かかりました。

さて、今回の材料等費用は・・・

およそ2.5~3万円程度、書棚部背面の材料は手持ちであったものでしたが。。。

今年中になんとか間に合いました~

来年もマイペースながら製作に励んで行きたいと思います。



書棚付きキャビネット作り(2)

先週はイベントがあったため掲載できませんでしたが・・・

まだまだ作成途中ですが、下段のキャビネット部分の骨組みが出来上がってきました。

引出し部も取っ手以外のパーツ作成までが完了です。

2007_1210diy01.jpg 2007_1210diy02.jpg


天板の取り付け、扉部の作成、裾回りのケーシング部、内部の棚板を作成し、下地のヤスリかけ、塗装を施せば下段部分は完成です。

とは言え、ヤスリかけ、塗装は上段部分が完成してから、まとめて実施します。

今度の週末には、下段部の組立て完成、そして上段の書棚部を半分ぐらいは進みたいと考えています。

X’masまでには完成させておきたいところです。

特段、X’masまでにこだわる理由はないけれど。

書棚付きキャビネット作り(1)

3連休のため久々に家具作りを始めました。

ほぼ半年ぶりです。

金曜日に一日かけて図面描き。

土曜日はAMに材料の買出し、PMに少しDIY開始。

そして日曜日、頭の中で考えていたところまでの半分ぐらいしか進んでないけど、家具作りっぽくなってきました。。。

写真は6枚描いた内の1枚の図面です。

diy0711251.jpg


図面と言っても、素人のためこの程度のレベルです。

今回の初試みの予定はと言うと・・・

① 取っ手部分も手作り

② 最上部の大きめのモールディングもテーブルソーで手作り

というようなところでしょうか。

来週へ続きます!

スパイスラック作り

日曜日の午後に作った『スパイスラック』です。

塗装後一日経ったので、写真掲載します。

P7300045.jpg P7300010.jpg



最近作ったものとしては小物になります。

サイドの板はルーターを使って溝堀(19mm幅×10mm深さ)し、横板をはめ込んでいます。

これだけでも強度十分なため、木工ボンドだけで組み立てていて、ネジ・釘等金物での接合はしていません。

久しぶりに作った小物のため、完成した喜びがあまりないかな~

■材質  : パイン集成材
■材料費 : 990円(19mm×910㎜×300㎜ - 1枚)
■塗装  : オスモカラー(ナチュラル色)

さてと、次は何作ろうかな~??

DIYでチェスト作り(2)

完成しました~!
パイン材のチェストがーー!!

P5130023.jpg P5130027.jpg


引出しの取っ手は全部で14個あるんですが、この取っ手を一度に全部揃えられなくて。。。
今日だけでホームセンターをニ往復もしました。
引出しの幅も出し入れするのに丁度良いサイズに仕上がりました。
引き出しのスベリも良好です!
といっても各引出しの段に引出しスベリを貼っているからなんですが。。。

P5130002.jpg P5130034.jpg


両脇に写真の商品を貼ってあります。
もともとは敷居スベリとして販売されているものですが。。。

P5130047.jpg

横向きに倒した状態で裏側から見た写真ですが、底に家具スベールを貼ってありました。
設置後、掃除等で多少の移動をする際に、そのまま引きずることができ、床に傷が付くこともありません。
一人での移動が可能となります。

P5130013.jpg

取っ手を付ける前の状態の写真です。
寸法を測り、4mmのドリルビットで取っ手を止めるネジ穴を開けた状態です。

2階へ設置後、天板と背面板(4mmの合板)を取り付けて完成しました!
これでゴールデンウィーク中の課題だったチェスト作りが完了です☆
パイン材のチェストって、買ったら高いんでしょうねぇ~

DIYでチェスト作り(1)

ゴールデンウィークも今日が最終日です。
昨日からチェスト作りを始めました。
連休が終わるまでには完成したかったのですが、やはり二日間で完成することは難しかった↓

当初考えていたのは、扉を開けると棚になっていて各段に服を数枚づつ重ねて入れておくタイプでしたが。。。
一般的な引出しだけのタイプを作ることにしました。
この方が材料も手間もかかるので、簡単な方にしようと思ってたのですが。
構想変更もあって、連休中の完成は断念しました。
高さ×幅×奥行≒120cm×90cm×45cm

P5060093.jpg P5060096.jpg

7段で最上段に2つの合計8つの引出しを作成します。
各引出しはあまり高過ぎないようにしました。
引出しに高さがあると下の方に入れた洋服の取り出しが大変なんですよね~
比較的浅めに各引き出しともに作成します。
写真は骨組み(構造材)まで出来たところになります。
後は、引出し、天板、裏板、モールディングを取り付けて全体が出来上がりです。
材料はパイン集成材を2種類(節なし/節あり)混在させて作成します。
正面と天板が節ありのパイン集成材になる予定です。

ここまで進むと、来週末には完成する見込みです。
完成後は2階へ持ち上げなくてはいけないから、しんどくなりそう~!
丸二日間、終日作りっぱなしだったので疲れました~↓
遠出はしなかった連休だったけど、物作りが多い休みになりました。

(第2回へ続く)

液晶TV台作り(2)

完成しました!
指をまた怪我することもなく、今回は無事に。。。

P4290004.jpg P4290008.jpg

上段に引出しを一つ付けました。
これは機器が増えた時に置き場所に困ってしまうリモコン入れとして使うためのものです。
左右の写真を見ると上段の中央部の位置が違っています。
上段の引出し付の中央部は稼働式にしてあり、ネジ等で固定していません。
こうすることで上段に置く物の大きさが変わったりしても、左右に動かせば調節できるようにしてあります。
また、天板に液晶TVを乗せた際に中央部で加重を支える材としても機能するようにしました。
基本的に天板は30mm厚の板材を使用しているため30kg程度の液晶TVを載せても、問題はないのですが。。。
中央、左・右の間隔は470mmの均等間隔になっています。


P4290015.jpg


幅×奥行×高さ=1,540㎜×400㎜×560㎜
下段引出しは、ビデオテープやCDを立てて収納できるサイズに作ってあります。

P4290035.jpg P4290046.jpg


液晶テレビやオーディオ、レコーダー等を収納した状況の写真です。
ともすると置き場所に困ってしまうスピーカーを上段に収納できるようにジャストサイズで作ってあります。
ミニコンポやアンプも含めてピッタリと収まりました。
レコーダー類も3種類収納できます。

これまではブラウン管テレビをコーナーに収納するタイプの台を使っていましたが、液晶テレビにしたこともあり、スッキリ収納になりました。

この台の作成にかかった費用ですが。。。
材料費で2万円を切りました!
裏側に付けた(引出し部から下に)合板を除いて、全てパイン集成材を
使っています。
一度塗りのクリア塗装(オスモカラーを使用)をしてありますが、2~3年もすると次第に飴色に変色してくるところがパイン材の味でもあります。

自分の持っている機器類などの収納を考えた時に、なかなか気に入った市販品が少ないのがテレビ台のような気もします。
満足行くものをと考えた時、やはり手作り品ということになってしまうのでしょうか。。。
このサイズの木製品テレビ台って、けっこう高いもんなんですよねー

液晶テレビ台作りは今回で終了です。
次回の作品は・・・
これもだいぶ前から作ろうと思っていたものですが。。。
チェスト作りの予定です。
ゴールデンウィークが終わるまでに、どこまで進んでいることでしょうか?

液晶TV台作り(1)

久しぶりのDIYとなりました。
先週から始めようと思っていたところ、久々に使うため電動工具類の調整で終わってしまい、今週末となりました。
今回の製作は『液晶TV台』です。
サイズは32~47インチまでを想定しています。
昨日土曜日は木材の切断だけで終了。
今日日曜日は電動サンダーによる研磨、ルーターによる切削、ビスケットジョイナー(ビスケット)による接合までとなりました。
途中、外出したりとあまり集中して作業ができなかったもので。

070422_01.jpg 070422_02.jpg

左の写真はルーターによる溝堀作業中のもの。
右の写真はビスケット&木工ボンド後にクランプで留めている最中の状態です(完成後は上下が逆転)。

まだまだ途中のため、どんな風に仕上がるのかわからないですよね。
この後、天板の取り付け、引出しの作成、モールディング等の取り付け、コーティング作業などを行って完了です。
来週には完成するでしょうか・・・
幅:約152cm、高さ:約56cm、奥行:約38cmのサイズです。
引出し3つ、天板以外に2段の棚が付きます。
木材は19㎜厚のパイン材を主体として、天板は30㎜厚のパイン材としました。

次回に続きます。

ルーターテーブルの収納台作り

先週、身を削ってしまったルーターテーブルの収納台作りでしたが。。。
ほぼ完成しました!
本当は先週の3連休で全て完成するはずでしたが、アクシデントのため完成できずでした。
今週も塗装や引き出しの仕切り板作成等を残してしまいましたが。。。
外観的にはだいたい完成ということになったので、写真を載せておきます。

070218_02.jpg 070218_07.jpg

正面から撮ったものです。フロントの板はパイン材とウェスタンレッドシーダーの2種類の組み合わせになっています。
ウェスタンレッドシーダーの余りがあったため使ったのですが、ツートンカラーもなかなか味があるものです。

070218_04.jpg 070218_03.jpg

パネル組みの扉が2箇所、引出しが8箇所、そしてルータービット専用スライド式引出しが1箇所の、前面全体に計11箇所の物入れ等を作成してあります。
中央の扉はルーターの上下高調整や削りくずも溜める場所となっており、ルーターの周りを囲ったため、ルーター回転時の音が緩和されます。
小さな4つの引出しはそれぞれ同一寸法で作成してあるため、4箇所のどこでも入替え可能です。
それからルータービット専用の縦型スライド式引出しはとても使い勝手が良いものになりました。

070218_05.jpg 070218_06.jpg

右側面にはROCKLERから取り寄せしたルーター電源スイッチを取り付けました。
背面は4mmの合板で覆ってあり、ルーターのコンセントが出し入れできるように四角い穴を開け、取り外し可能な覆いの板をネジ止めしてあります。
後からルーター本体の交換が必要な際に、ルーターのケーブルが取り外せるようにしてあります。当たり前なことなんですが。。。意外に忘れがちだったりして。

最終完成形としては、パイン材部分のクリア塗装。
下2段の引出し内部を合板によるセパレート(引出しの中に入れた物を分割収納できるように)
引出し内部へルータービット収納部の作成
これらで最終的に完成となる予定です。

今回は設計図面らしいものを書かずに、メジャーで寸法を測りながら、頭の中でイメージしつつ少しずつ作ったこともあって、手間がかかってしまってます。。。
スタイル&レールのパネルの出来映えも良好で、ルーター操作に必要な道具類の収納も使い勝手が良く、納得の作品に仕上がったと思います。
怪我の成果でしょうか・・・

やっちゃった↓

安全には注意していたつもりだったんだけど・・・
やっちゃいました↓
親指(左手)の先をテーブルソーで削いでしまいました。。。
ほぼ1cm四方ぐらいの範囲を・・・です。

いつもは安全フードを付けて作業してるんだけど、今回の作業では溝堀りと切断の繰り返し作業になってたため、安全フードを付けて作業した方が良いときでもフードを付けないままで作業していたわけです・・・

さいわいにも土曜日の昼前だったので、近所の病院でわりとすぐに処置してもらいました。
処置と言っても、肉が削げてしまっているため、針で縫うこともできないんですが。。。
念のためレントゲン撮影して骨は大丈夫かといことで。。。
骨は切ってなかったようです。
消毒して、ゲル状の茶色い薬品を指先に盛って、そしてなんとアルミホイルを親指全体に被せて~包帯巻いてテープ止めです!

アルミホイルを巻くことで湿った状態が保たれ、傷の治りが早いという説明でした。
最近の治療はこんなふうになってたんですね~!
一つ身を持って勉強しました~☆
だいたい2週間程度で削った傷口が塞がってくるということでしたが。。。
傷口が塞がるまでは週に2回程消毒などで通院のようです。
傷はキレイに再生すると言われましたが、どれぐらいの期間がかかるものなのか・・・

DIYと言えども刃物を扱う作業が多いため、ちょっとした油断で大怪我に結びつく可能性を身を持って知らされた思いです。
指がくっついていただけ幸いと思って、これからも安全第一でDIYを楽しむようにしないと。。。
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最新コメント(記事毎)+
占い&天気予報
[PUSH]をClickすると占いが!

FC2カウンター

現在の閲覧者:
リンク
プロフィール

たか

Author:たか
首都圏在住
1月6日生まれ/O型
自然と自分で作る(DIY)
ことが好き。
ブログはマイペース更新です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。