スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端材等キャビネットの作成

 ひさしぶりの記事更新になりました。
 今回は部屋のコーナーに、端材やクランプ類が剥き出しで置いていたため、これらを整理するための収納キャビネットを作ることにしました。

PC060512.jpg

 この作成を始まりとして、作業部屋として使用しているこの部屋を作業部屋らしくない部屋へ改装しようと考えています。
 休日にDIYで使うとしても、平日はただの物置部屋状態で他に使い道がない状況のため、できれば来客時の宿泊部屋にしたいと思い、改装をしていこうと考えています。現在、12月も下旬に入ってしまい、来春ぐらいには完了したいという希望です。

 さて、上の写真右が以前の状態で、左側が完成したキャビネットです。
 ゴチャゴチャしていたコーナーがすっきりできました。

 前面半分と後面半分の両方に端材をストックし、取り出しするようにしています。
 端材と言えども、量が多くなるとけっこうな重量になります。
 奥行きの長い引き出しを作ると、出し入れにかなりの筋力を使うことになります。
 実際、いくつかは奥行きの長い引き出しを作ってしまい、端材を入れてみた後のその重さに驚き、途中で修正しました。
 各引き出しは高さを変えて作ってあり、後面には110cmぐらいまでの長さの端材収納部があります。

 また、キャスターで移動できるようにしてあるのですが、当初、30Kg/個の重量に耐えられるプラスチックのものにしたのですが、床に敷いた合板にめり込み、キャスターをもっと大きめの50Kg/個に耐えられるゴム製に変更したりもしました。

 それから、よく見ると前面に取ってが2つ付いています。
 これは、移動させるときの持ち手です。
 なにせ収納した状態では重いため、取っ手でもないと移動させずらいという結果で、付けることにしました。これは実用上、付けて正解でした。

PC200523.jpg PC200527.jpg

 そして、両側面の内、片側は扉を付けてクランプ類を収納できるようにしています。
 もう方側は壁にくっつけることになるため、扉を付けずにパイプクランプ等を収納できるようにしています。
 一つひとつの道具をそれぞれの大きさに合わせて配置したため、すっきりと出し入れができるようになりました。

PC060515.jpg PC060513.jpg

 製作途中の写真を以下に2枚。
 本体部分と引き出し部分はOSB合板で作ってあり、前面や扉は2×材(1×4、1×6、1×8)でスタイル&レール組みで作っています。

 
 一見すると、端材や道具類が収納されているようには見えない、家具調のキャビネットという感じに出来上がったと思います。端材も元々のコーナー部にあったもの以外も収納でき、スペースの有効活用にもつながっています。

 この調子で、次は電動工具や道具類の収納作成に入りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最新コメント(記事毎)+
占い&天気予報
[PUSH]をClickすると占いが!

FC2カウンター

現在の閲覧者:
リンク
プロフィール

たか

Author:たか
首都圏在住
1月6日生まれ/O型
自然と自分で作る(DIY)
ことが好き。
ブログはマイペース更新です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。