スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木製物置作り(PartⅡ)

0806150029.jpg 0806150001.jpg


木製の物置を作りました。幅110cmの通路に半分の奥行き55cm(最大高さ170cm、幅184cm)です。
狭い場所での組み立てのため、前後に幾度となく移動させて、板の貼り付け、塗装等しました。
3年程前に木製物置を作ったため、今回で2つ目の物置となります。
前回は骨組みを2X4材、板材をウェスタンレッドシーダー主体で作ったため、重量があった上に(一人での移動は相当困難)、費用もかかりました(8万円弱)。

今回は防腐杉板で作ることとし、骨組みは40mmX30mmの材料を使いました。
2X4材の3分の1ほどであるため、骨組みをしたときにはちょっと構造的に弱そうに思えましたが、板を張ってみると全く問題なしです。

0806070021.jpg 0806080028.jpg


骨組みした後にOSB合板を張ろうかとも思いましたが、重くなってしまうことと厚みが出てしまうことから、透湿・防水シート(1mX50mで¥3,980)を貼ることにしました。
これで防水対策もOKです。
初めて防止シートを使ってみましたが、薄くて、軽くて、リーズナブル!と3拍子揃っていると思いました。今後、もっと活用していこうと思いました。

0806080036.jpg 0806080040.jpg


屋根材は防水シートの上に、カラールーフィングを張りました。
前回物置を作ったときも、犬小屋を作ったときも、同じものを使ったため、今回で3回目となり、ルーフィングを張るのも慣れてきたように感じました。
初めて使ったときは、どんな順番でどこを止めればいいのかすらわからない状態だったですが・・・

0806150006.jpg


雨ざらしとなる場所で使う金具は、ステンレス製を使っています。
仕上げの塗装は、浸透性の防腐塗料 キシラデコールを使います。
屋外品はすべて、キシラデコールの同色を使うことで、塗料も使い回しができることになります。

真正面からの写真が撮れないのが残念ですが、人目に付かない場所へ置いておくのはもったいないような。。。

さて今回かかった費用ですが、3万円から少々おつりが来るぐらいで済みました。
ウェスタンレッドシーダーと防腐杉板では、随分と費用にも差があるものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最新コメント(記事毎)+
占い&天気予報
[PUSH]をClickすると占いが!

FC2カウンター

現在の閲覧者:
リンク
プロフィール

たか

Author:たか
首都圏在住
1月6日生まれ/O型
自然と自分で作る(DIY)
ことが好き。
ブログはマイペース更新です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。