スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーピーク 焚火台(L) と ユニフレーム チャコスタmini(炭起こし器)を使ってダッチオーブン料理

ダッチオーブン

焚火台Lチャコスタminiを組み合わせて使っています。

ちなみに炭床は、”炭床ProM”にしています。

一般的には焚火台Lには炭床もLということなんでしょうけど、Mサイズの方が軽くて、炭使用時だけでなく、焚火使用時にもサイズが小さいので、”焚火床”の代用としても兼用できかと思い、自分はこの組み合わせにしています。

チャコスタminiでの火起こしについては、普通に数人でBBQをするのなら一度で火を起こせる量としては、必要十分だろうと思います。

別な写真のようにダッチオーブンを使って、下火だけでなく、上火としての炭を一度に起こすことを求めると、miniでは不足します。

何が何でも、一度にひとまとめで炭を起こす、ということにこだわらなければ、miniでもBBQを始めるのに必要な炭の量は確保できるでしょう。

最初に火の起こった炭の中に少し継ぎ足しして、炭を追加で起こせば私はそれでOKだと考えています。

大は小を兼ねると言って、miniでない大きいサイズの方が良いという方もいるでしょうが、炭起こし器で一度に全部の炭起こしが必須なのか、少量の炭を後から継ぎ足しするなら全然大丈夫と考えるのか、判断は変わると思います。

チャコスタとチャコスタminiの実物を比べるとわかりますが、miniでないチャコスタは比較するとけっこう大きいです。

その分、重量も増します。

起こした炭を広げる際に、チャコスタminiを持ち上げて見るとわかりますが、それなりに重いです。

これよりも炭が多く入ったチャコスタなら、もっと重いというのは容易に想像できます。

焚火台ですが、これは何といっても”L”がおすすめです。

これだけは、大は小を兼ねるの使い方ができると思います。

yakiimo.jpg


ダッチオーブンはUNIFLAMEのスーパーディープ10インチです。

炭床ProMの上に載せると、丁度いいサイズで、これなら余分に炭を使い過ぎる心配も少し解消されるのではないでしょうか?

まだまだダッチオーブン料理については、初心者のため、失敗ばかりです。

写真のときは、お米、水、コンソメスープの素、鶏肉ブロックを数個入れて、ご飯を炊きました。

夕方にかけて火を起こし出したため、少しするともう真っ暗な夜になり、蒸気や煙の状態が見えにくいということもあったんですが、コゲばっかりの失敗作でした。

炊き込みの時間、火力調節(下火、上火)等々、基本的なことが身についていないようです。

くやしいので、翌日も再チャレンジしたんですが、やはり少しコゲてしまいました。

火にかけていたのは30分程度でしたが、最後の方は弱火にしなくちゃいけないんですよね。

そして、最初から上火の炭ものせていたんですが、鶏肉に焦げ目を付けるのが目的なので、最後の方にのせればいいんですよね~。

まだまだ経験不足で、後からの知識として前期のような手順を知りました。

次こそは成功をー!
スポンサーサイト
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最新コメント(記事毎)+
占い&天気予報
[PUSH]をClickすると占いが!

FC2カウンター

現在の閲覧者:
リンク
プロフィール

たか

Author:たか
首都圏在住
1月6日生まれ/O型
自然と自分で作る(DIY)
ことが好き。
ブログはマイペース更新です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。