スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百年の恋も醒めてしまう!?

帰宅途中の電車の中。高校生もチラホラ乗っていて、まだそう遅くはない時間。

いつもどおり心地好い揺れから目覚めると、左斜め前方に朝の通勤時間に時々同じ車両で見かける女性が文庫本に集中している様子。

少しラフなカジュアルっぽい服装と外見からしても20代前半と思える女性。

朝の電車ではMP3プレーヤーをかけながら携帯メールに熱中している姿しか目にしたことがないのに、文庫本を読んでいるなんて珍しい。

だいぶ集中して読んでるようで、よほど興味深い内容の本らしい。

突然の出来事にビッグサプライズ。

”確かに今、左の鼻の穴に右の人差し指が、はっ、はいったような?”

”まっ、また、右の人差し指がっ!”

”えっ、えっ~、そっ、その抜いた人差し指の先っぽが口の中に!!”

”今度は右の穴に人差し指がっ~~!!!”

”また、口の中にっ~!!!”

二度三度、五回六回と繰り返されるその動作、しかも20代前半の普通の女性が・・・

意外なだけに、ちょっとショッキングでした。。。

本に集中していて回りの視線が気にならなかったんでしょうが、たぶん、家とかでも習慣になっている小さい頃からの癖なんでしょうね。

たまに幼稚園児ぐらいの子供が鼻をほじった指を舐めてるのは見たことあるけど、年頃の女性が電車の中でするとは、ビッグサプライズです!

こんな姿を彼氏や連れ合いが見たら、百年の恋も冷めてしまうこと、きっと間違いなしですので、変なクセは早く直しておきましょう。

おねえさん、直しておいてくださいね~。
スポンサーサイト

「偶然ではなく、必然です!」

半年ほど前から「オーラの泉」を見ています。

最初はほんとに~、という意識で見てたのが最近は結構楽しみにしています。

スピリチュアルな体験は全くと言っていいほどないんですが。。。

前世がどんなんだったか、という説明が最近特に興味を持って見ています。

HDDレコーダーに録画した今日(昨日)のスペシャル版は1コマだけ見ました。

前世では本当の親子だった(現世では血はつながっていないが、やはり親子)。前世は侍。

先週の「釈さん」の前世での出来事と現世での19歳までの出来事の話も、思わずへぇ~、という程興味深かったなぁ。19歳で亡くなったので、19歳を過ぎてからが自分の人生になった、って話。

「偶然ではなく必然」、「なるべくしてそうなった」、「はじめからそうなるようになっていた」、こんなことを自ら体感できることって、今後果たしてあるのかどうか?

過去を振り返ってみて、いろいろな人との出会いと別れもそんなふうに感じるようになれたら、随分と悩んでいたことも、ずっと引きずっていたことも、もしかしたら自分の頭の中がスッキリすることもきっとありそうかな?

自分以外にも家族や親戚に起こっていた出来事が、自分のこれからにとって、「偶然ではなく必然」の出来事だとすれば、あせってジタバタすることもないのかも。

ましてや、自分自身を責める必要もないのかもしれないです。

事がなかなか自分の思うとおりうまくいかないなぁ~、と感じたときに、重い気分を少しでも軽くしてくれる番組だと感じています。

自分の前世は、坊さん? 侍? 商人? 職人? なんだったのか。前世での出来事が現世でどう影響しているのか?

興味津々ですね。聞けるものなら聞いてみたいかな~

米国RYOBIのテーブルソー

注文から1ヶ月半待って、やっとTable Saw(テーブルソー:いわゆるテーブルの下に電動ノコギリが付いたものです)が到着しました。

20060421_RYOBI.jpg


今回も船便での輸入(安く上げるためには仕方ない)のため待たされました。

本当のところ違うものが欲しかったんだけど、Shippingだけで$500超となり、製品価格と合わせると$1,000を超えるので止めることにしました。

欲しかったものは重さが50KGを超えるもので、米国内の輸送費や日本国内の輸送費、関税等どうしても高くなってしまうんですね。

今回は直接の個人輸入ではなく、日本国内に販売店を持つ会社経由での購入としたため、最初に欲しかったものと較べると、全部込みで半額ぐらいで済むことになりました。

もともとの製品価格も安いものにしたっていうこともあるんですけどね。

これで2月から取り寄せ出した次の製作に取り掛かるためのツール類がほぼ集まったので、3ヶ月ぶりに製作活動に入れそうです。1月に犬小屋を作って以来かな?。

作り出す前に狭い作業部屋なので大きなツール類の入れ替えがチョット面倒だけど、作るものはいくつか決まってきたので、簡単な図面作りと、それから材料の買出しをすれば、後は作るだけ。

でも、いつも図面作りが実は大変なんです。なんたって一番頭を使う作業なわけで。

今でもテーブルソーは1台あるんですが、だんだん加工精度と使い勝手で物足りなくなってきてしまったので、替えることにしたんです。

まだまだ素人なのに贅沢な話ですね。

写真は開封前の箱入り状態のものです。開封後からの写真もアップしていこうと思っています。(続く)

『連理の枝』【写真のアップ☆】

20060905094910.jpg

写真が見つかったので、北京で撮った「連理の枝」の写真をアップしておきます。

複雑にからみあった超すごい「連理の枝」の写真はちゃんと撮ってなかったようです。

アップした写真に写っている木々の奥に、逆U字型の入り口があって、その中に木が写っているんだけど、その木が超すごいと書いた木なんです。

わかりますか?

前面に写っている木々も連理の枝なんですけどね。

見た目どおり歴史のある木だと思います。

なんたって皇帝の敷地内にあるものですから!

ウンチクはメモってきてないので、残念ながら今は不明です・・・

比翼の鳥、連理の枝

韓流映画で「連理の枝」が始まったようだ。

比翼連理と言えば、めでたい席でのたとえ話として2、3度使ったことがある。

比翼の鳥は伝説(空想)上の鳥なので、まず目にすることはないけど、連理の枝はあちらこちらに見られるようだ。

と言っても、そう多くはないらしい・・・

映画「連理の枝」では、撮影用にこの連理の枝を準備したような話も書かれていた。

枝が重なって一本の木のように見えるものは、それなりに見られるようで、北京で見た木の場合は、別々に生えた木のそれぞれの幹が絡まりあって、上に行くにしたがって一本の木に見えるという、まず他では見られない超~珍しい木があった。

写真を探してみたけど、すぐに見つからなかったので、そのうち見つけたらアップしようかな。

今度出席する結婚式でも、また比翼連理のたとえ話をしてみようって思う。

比翼連理を長く持続できる人は素晴らしいものですね。

ちょうちんの店(その2)

ちょうちんの店で合流することとし、モノマネ王と一時お別れ。

電車に乗り、秋葉原に着いたところで、彦麻呂さんが一言。

「あそこですよ。この間、買っていった店は」とポツリ。もちろん、ももちゃんへのお土産のこと。

ならば、この目でどんなものかを、降りて確認することに。

この間聞いていた焼きプリンとはちょっと違っていて、タルトケーキという感じ。

5種類程はあっただろうか。

「今度、職場にもどれか買ってきて!」と言ってみるが、あっさりと彦麻呂さんはお断り。

ちょうちんの店へ到着。これまでは目にしたことのない張り紙が。。。

8時までは飲み物オール100円引き、ボトル10本で1本サービスのポイント、と。

4月になったこともあり、新客集めのためなのか?

しばらくして、モノマネ王が合流。

新しい職場での悩みとおもしろネタで、しばし盛り上がり。新職のためか大分周りに気を使って仕事をしている様子だった。

意外なところで、彦麻呂さんとモノマネ王に共通点が。モノマネ王の子女がこの春、九段下にある大学へ入学(文科系)し、彦麻呂さんの子息は九段下の向かい側の高校(理系)に通っているということが発覚。

モノマネ王の子女は1、2年生の内は自宅から自転車で通える場所へ通学らしいが。

現在の学費は文系でもかなり高額な授業料なんですね。奨学金をもらって欲しいとボヤキが。

それから、なぜか二人には直接関係のない、中大つながりの人たちの話でしばし盛り上がり。

今日は程よい時間に解散となりました。

タバコを吸う女性は嫌いか?

タバコを吸う女性に対しては、時とともに賛否・自分の捉え方が変わってきていると思う。

未成年の頃、母親の茶のみ友達がしょっちゅう家に来ていたが、唯一タバコを吸っているおばさんがいたけど、できればタバコを吸って欲しくなかった。
当時は良く知らなかったことだけど、社会人になってから、夜は水商売をしているおばさんだったことが後でわかった。
その後、二回程このおばさんの店に友人と飲みに行ったことがある。話が抜群におもしろい女性だった(いまだに健在!)。

学生の頃、周りにはタバコを吸う女性は皆無だったせいか、タバコを吸う女性はあまり好きではなかった記憶がある。
知っている人でタバコを吸う女性と言えば、バイト先の喫茶店経営者のマキコさんと、同じくバイト先ホテル内のレストランでウェーターをしていた時のフロントのおねえさんだったかな。
研ナオコ似のマキコさんはゆっくりと深く吸い込むタイプ、フロントのおねえさんは少し吸ってはすぐにもみ消すタイプ。
ちょっと吸って消してしまうなら、最初から吸わなければいいのに、って思っていた気がする。

社会人になって日が浅い頃、好きになってしまった人がタバコを吸っていた。
できれば吸って欲しくないと思っていたので、早くタバコをやめて欲しかった。
確か、そのうちタバコは止めなって言った気がする(自分は吸っていたのに、矛盾が…)。
たまたま自分がメンソールのタバコを吸っていた時、「メンソールを吸ってると、インポになるって。メンソールは吸わないで。」と言われてからは、トラウマのようにずっ~とメンソールは吸わないようにしていた素直な自分が、ややなつかしいかな。

そして近頃、タバコを吸っている女性の方が落ち着いて話ができるって感じている。
今は、タバコを吸わない女性よりもタバコを吸っている女性の方が好きになっているかもしれないな。
ただ、タバコを吸っている姿がカッコイイ!、だから好きだってのは絶対にないんだけど。

タバコを吸うきっかけは人それぞれでも、習慣になるまで吸うようになったのは、それなりの理由があるはずで、習慣化した理由をどの女性にも聞いたことはないけど、たぶん自分にも共通する理由の一つがあるような気がしている。。。
それって何か?は、このブログではあえて書かないけどね。 

ただタバコの吸い方によっては、女性だけでなく男性でも、そんな吸い方をするなら近くで吸わないで欲しいと思う吸われ方があって、これについては、いつか自分の偏見を書かうかなって思ってる。
 
記憶によれば確か、男性喫煙者率は年々減少しているのに、女性喫煙者率は年々増加している、というどこかのタバコ会社の調査結果を見たような気が・・・

キ○△の店(その2)

【4月13日(木)】

彦麻呂さんとヒデちゃんとやはり3人で1週間ぶりの来店。

今日は満員御礼で、とりあえずカウンターで席空きを待つことになった。

ママさんがすかさずカウンターの中へ入ってきて、しばし対応いただいた。

この辺りの動きは、さすがにプロだなと感心させられる。

お客さんを不機嫌にさせない気遣いが身についている。

また一つ勉強させてもらった。

8時からきているというお客さんたちの方をみると、長時間の疲れのせいか、寝ている人もちらほら。全部で10人ぐらいはいるかな。

そんなに長時間いても財布の中身は大丈夫なんだろうかと他人のことながら心配する自分は、やはりまだまだ修行が足りないせい?

木曜日のため週末よりは出勤のおねえさんたちが少ないらしい。彦麻呂さんの気になる人はお休みだ。

しばらくして、20歳そこそこのおにいさんが夢から覚めたようで、歌いはじめた。

若いだけに振りつきで元気に飛び回っている。なんとなく、こういう店には合わない雰囲気。

U美ちゃんいわく、

『有名なサッカー選手なんだって』

サッカー選手はそんなに詳しくないけど、どうもテレビでは見たことがない顔なので、

「名前はなんていう人?」と聞くが、

知らないから他の人に聞いてみると、他のおねえさんと会話。

『私知らないけど、サッカーじゃなくて”ソウテイ”の選手だった。』

「ソウテイ???」

再度、U美ちゃんが確認。

『キョウテイだって。キョウテイって何?』

「モーターボートで競争するやつ。競馬とか競輪とか、それのモーターボート版」

やっぱり今日もU美ちゃんには、笑わせてもらった。

ヒデちゃんが、”S”か”M”かがわかるという心理ゲームを開始。

シンプルながら、なんとなくみんな納得。

その後、キレイ!と言われるのとカワイイ!と言われるのと、どっちが好きか?が話題に。

女性は、「キレイ」よりも「カワイイ」と言われるのが好きらしい。

それと、「カッコイイ」というのも好きなんだ。へぇ~。

「また、宜しくおねげぇしますだっ」の見送りの言葉を聞きつつ、キリの良いところで店を出ることに。

今日もまた勉強させていただきました。

キ○△の店(その1)

【ちょうちんの店(その1)からの続き】

半月前に送別会の3次会で立ち寄ったキ○△の店にタクシーに乗って3人到着。

1階に入ろうか2階に入ろうかで少し迷いながらも前回同様2階へ。

いわゆる普通のSnack。

きれいなおねえさんも、普通のおねえさんも、大陸からきたおねえさんもいろいろ。

金曜日にしては他のお客さんが少なく、6人もやってきた。支払いがチョット心配。。。

彦麻呂さん、今日はちょうちんの店からノリノリで最初から飛ばし(歌い)まくり。

採点方式のカラオケシステムのため、高得点が出たり、キリの良い点数が出ると、生ビール無料券や千円割引券がもらえて、さらに彦麻呂さんは絶好調!

ヒデちゃんも最近何かと吹っ切れてきたようで、コンビで絶好調!

そういえばヒデちゃんも1次会を終えて、ちょうちんの店へ合流したんだっけ。

大吉は前回同様、大陸から5年前に来日したおねえさんと会話。

この間は、何回言っても”花見”を”ハラミ”としか言えなくて、結構笑わせてもらった。

20回は繰り返したかな~

店名U美ちゃんは、週6日間ここで21時~翌4時まで働いて、さらに週に3日は、7時~11時まで違う店(食事系)で働いているらしい。かなり頑張ってお金を貯めている。

聞いてみると、数年後には自分で食事系(恐らく中華)の店を開くことが来日前からの夢だということ。彼女のおにいさんは横浜ですでに店を開いているようだ。

夢を持って頑張っている女性は、なんかとてもかわいく思える。

冷酒はだめだけど、熱燗が大好きらしい。

今度、日本酒を飲みに行こうとユビキリするが、果たして??

今日は、「お願いします」を「おねげえ、しますだっ」って話していて、また笑わせてもらった。

いったいどこで、おぼえたものなのか。。。

支払いは予想通りの結果。おねえさん達の飲み代も全部お客さん持ちなんだ~。

どうりで、レモンスライスを頼むぐらいで、「頼んでもいいですか?」って逐一聞いていたんだ。

また勉強させていただきました。

ちょうちんの店(その1)

4月7日(金) 今年になって4回目の来店。

注文しなくても最初に生ビールをおかみさんが持ってきてくれる。常連さん扱いがちょっとうれしいかも。

ほどなく彦麻呂さん(仮称)が1次会を終えて登場。なにやら片手にはリボン付の箱が。

「これ、モモちゃんにおみやげ! 秋葉原の駅の中で売っている例のおいしいプリン!」

はずかしそうな、うれしそうな、すでに酔っ払いの表情。

「ああ、それ、俺からじゃなくて大吉(仮称)からなんで、どうぞ!」

なんでぇ、ここで僕の名前が出るわけ???

「この間おかみさんとキ○△へ行ったときに、大吉から預かった5千円を有効活用させてもらってますから。」

まだ理解できず???

「あの時、全部おかみさんに支払ってもらったんで、5千円使わなかったから。持っていても仕方ないんで有効に使わせてもらいました。この間の次の週、ヒデちゃん(仮称)と2人で店にきたときも、おかみさんの誕生祝いで途中花束買ったんだけど、まだ余ってたんで、全部使いました。」

なんとなく納得。

僕の知らないうちに、いろいろと動き回っているらしい。

まぁ彦麻呂さんは、モモちゃんが好きだから仕方ないっかっ。

だいぶ経ってからヒデちゃん登場。

キ○△へほどなく移動。続きは、キ○△の店(その1)にて書きます。

CarharttのOverallが到着!

3月9日に注文したCarharttのOverallがやっと昨日到着!

Carhartt_20060409.jpg


船便での輸入はやはり時間がかかるかな~

(今回はハワイからの送付だったみたい)

$81の20% offに、Shipping(送料)=$34が加算されて、$98.80.

DIY系で使用するための個人輸入を初めてから3年目、Shippingの大まかな目安も何とかわかりはじめてきたみたい。

日本ではなかなか手に入らないものも、ネットショッピングがあるおかげで英語の得意ではない僕でも、随分とお手軽に入手できてしまいます。

来週か再来週にはもう一つの輸入品が届くはずなので、それからまたDIYを開始予定。

何を作るか早く決めておかないと。。。
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最新コメント(記事毎)+
占い&天気予報
[PUSH]をClickすると占いが!

FC2カウンター

現在の閲覧者:
リンク
プロフィール

たか

Author:たか
首都圏在住
1月6日生まれ/O型
自然と自分で作る(DIY)
ことが好き。
ブログはマイペース更新です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。